骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは、骨がもろくなり、骨折の危険性が増大する病気です。現在の日本の骨粗鬆症人口は、約1300万人と推計されています。特に女性は骨粗鬆症になりやすく、閉経後女性の有病率は約4人に1人といわれています。
骨粗鬆症で頻度の高い骨折は、背骨(胸椎・腰椎)や足の付け根(大腿骨近位部)の骨折です。どちらも一度骨折すると日常生活の活動レベルが低下したり、新たな骨折を起こす危険性も増大するため、死亡リスクを高めてしまうことが明らかになっています。ただ、骨粗鬆症は治せる病気です。骨密度検査で簡単に診断できるうえ、治療法もここ数年でめざましく進歩しており、できるだけ早期から治療を開始することで骨折のリスクを減らし、健康寿命や生命予後を伸ばすことができるといわれています。

骨粗鬆症の診断

当院では、問診による痛みなどの症状、診察による理学的所見、各種検査(レントゲン検査、骨密度検査、血液検査)などの
結果から総合的に判断し、正確な診断を行っています。

骨密度測定装置(DEXA)

骨密度の測定には、腰椎と大腿骨の骨密度を測定する事が推奨されています。腕の骨でも診断は可能ですが、治療効果は反映できないといわれています。
検査時間は5分程度で、被曝はレントゲンの20分の1以下とされております。痛みなども全く伴わない検査ですのでご安心ください。

骨代謝マーカー測定

身体の中には「骨を作る細胞」と「骨を溶かす細胞」が存在し、常に新しい骨に置き換わっていきます。骨粗鬆症は、これらの細胞バランスが乱れることで発症する病気ですが、血液検査によってこのバランスを確認する事ができます。
適切な治療薬を選択するためや、治療効果の判定のために必要な検査です。

骨粗鬆症の治療

食事療法

骨を強くするためには、食事や運動などの生活習慣の改善も重要です。 「骨にいい食事」とは、カルシウムやビタミンDをしっかり摂ることができる食事です。
カルシウムを多く含む食品:50歳以上の女性の1日におけるカルシウムの必要量は550mg、推奨量は650mgです。骨粗しょう症治療のための推奨量は、1日700~800mgです。

運動療法

骨は、負荷がかかるほど骨をつくる細胞が活発になり、強くなる性質があります。 散歩を日課にしたり、階段の上り下りを取り入れるなど、日常生活のなかでできるだけ運動量を増やしましょう。
骨折予防に有効な運動は、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどがありますが、ご自身の体の状態にあわせて無理なく続けることが大切です。骨粗しょう症治療中の方や膝に痛みがある方は、運動を開始する前に医師に相談してください。

薬物療法

現在、骨粗しょう症の治療薬が次々に登場し、個々の患者さんの症状や病気の進行度に応じて、選択肢が増えてきました。最近では、従来の治療薬よりも強力に骨密度増加が期待できる薬や、患者さんが継続しやすいように投与間隔や剤型(薬のかたち)に配慮したものもあります。ただし、安全にきちんと効果があらわれるようにするには、薬の用法を守る必要があります。薬によって、飲むタイミングや、注意すべき点がありますので、医師や薬剤師の指示の内容をよく確認しましょう。

診療時間・アクセス

午前 09:00~12:00
午後 16:00~18:30

〒678-0023 兵庫県相生市向陽台2−28

PAGE TOP