PRP療法とは

近年メジャーリーガーなど、スポーツ選手の治療に使用されることで日本でも注目されるようになった治療方法です。PRPとは日本語で多血小板血漿といい、血液中の血小板を高濃度に含む成分です。血小板には組織の修復を促進する成分(成長因子)が含まれており、普段私たちがケガをして、傷が治っていくために重要な役割を果たしています。
PRP療法は、患者様の血液から特殊な技術を用いてPRPを抽出し、障害部位へ注射する治療です。

当院では、このPRPをさらに濃縮、活性化させた成分をフリーズドライするPFC-FD療法を採用しております。フリーズドライ化したPFC-FDには、PRPの約2倍の成長因子が含まれることが判明しており、さらに常温でも安定して長期保存(約6ヶ月)できる特徴があります。
従来の治療では痛みが改善せず、長期間にわたって日常生活が障害されていたり、人工関節手術を受けるしか痛みを取る方法がないとされていた症状に対して、新たな治療の選択肢となりうると考え、当院でも導入いたしました。

このような症状の方にお勧めいたします

変形性膝関節症

  • ヒアルロン酸注射では効果が感じられない
  • できるだけ手術はしたくない
  • 一度の注射でできるだけ長く効果を感じたい
  • 軽〜中等度の変形(レントゲンにより判断します)

テニス肘やアキレス腱炎

注射や装具をしても痛みが続いている

靭帯損傷

損傷を少しでも早く治して日常生活やスポーツに復帰したい

費用について

PRP療法は保険適用外の治療です。そのため費用全額を患者様にご負担いただきます。

PFC-FD注射費用  150,000円(税込)

治療の流れ

1予約

お電話か受付で診察日時を予約していただきます。

2診察

問診、診察によって状態を確認させていただき、治療の適応であるかを判断いたします。説明のうえ、ご納得いただければ採血を行います。

3採血・PFC-FDの作製

血液を50ml採血します。検体をセルソース再生医療センター(厚生労働省認可の特定細胞加工物製造施設)に配送してPFC-FDを作製します。作製には通常3週間を要します。

※検体の感染症検査でB型、C型肝炎、梅毒、HIV、HTLV-1が認められた場合は作製することができません。その場合、血液検査費用(12,000円)のみご負担いただきますので、あらかじめご了承ください。

4障害部位へ注射

当院では目的部位へ確実に投与するためにエコーを用いて注射します。注射自体はすぐに終わります。注射当日の運動や飲酒、入浴はお控えください。(シャワー浴は可能です)

治療の安全性と注意点

ご自身の血液中の成分を体内に戻すだけですので、拒絶反応などの心配はありません。一般的な注射治療と同じように、注射部位が痛む、腫れて赤くなる、かゆくなる、内出血するなどの症状があらわれることがありますが、ほとんどが数日程度で改善します。
注射後の数日間は過度な運動、長時間の入浴、飲酒を行うことで痛みが強くなる場合があります。ただ、安静にしすぎてもよくありませんので、注射翌日からできるだけ普通の生活を行うよう心がけましょう。
組織の修復には時間がかかるため、注射の効果に即効性はありません。早ければ2,3週間で痛みが軽減されていきます。効果の持続期間も個人差があります。

診療時間・アクセス

午前 09:00~12:00
午後 16:00~18:30

〒678-0023 兵庫県相生市向陽台2−28

PAGE TOP